CERSIなら1日の講習で即日取得できる!

金属アーク溶接等
作業主任者限定技能講習

3月15日(金)開催!

CERSIの金属アーク溶接等作業主任者限定技能講習とは?

金属アーク溶接作業に必須の資格

令和3年4月から溶接ヒュームを含む特定化学物質に係る作業主任者については、事業者は、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習(以下「特化物技能講習」という。)を修了した者のうちから、特定化学物質作業主任者を選任しなければならないとされました。(特化則第27条、安衛令第6条第18号)
令和6年1月からは、特化物技能講習の講習科目のうち、金属アーク溶接等作業に係るものに限定した技能講習「金属アーク溶接等作業主任者限定技能講習」が新設されました。

溶接ヒュームとは、アークの熱によって溶けた金属が蒸気となり、空気中で固体(金属酸化物)の細かい粒子となったもので、煙のように見えるものです。
労働者に神経障害等の健康障害を及ぼすおそれがあることが明らかになったことから、労働者の化学物質へのばく露防止措置や健康管理を推進するため、特定化学物質(第2類物質)に加えられ、必要な措置が定められました。

新着情報

金属アーク溶接等作業主任者限定技能講習について

本講習は、金属をアーク溶接する作業、アークを用いて金属を溶断し、又はガウジングする作業、その他の溶接ヒュームを製造し、又は取り扱う作業(金属アーク溶接等作業)に選任する作業主任者に必要な講習です。

講習が必要な業務の詳細
  • 労働安全衛生法第14条
  • 同施行令第6条第18号 別表第3第2号34の2
  • 特化則第2条第2項、27条第1項、第2項、別表第1の34の2
  • 労働安全衛生法別表第18第20号参照

当機構は、以下の各都道府県労働局において、金属アーク溶接等作業主任者限定技能講習の登録教習機関です。

労働局 登録番号 有効期間の満了日
東京労働局 衛第90号 令和10年12月31日
大阪労働局 - 申請予定

講習当日の時間割

CERSIの金属アーク溶接等作業主任者限定技能講習は講習1日、即日修了証受け取り可能です!

スケジュール 講習時間 内容
8:30〜9:00 30分 受付
9:00〜10:10 1時間+休憩1回10分 健康障害及びその予防借置に関する知識
10:10~12:20 2時間+休憩1回10分 作業環境の改善方法に関する知識
12:20〜12:30 10分 質疑応答
12:30〜13:30 1時間 昼休み
13:30〜15:50 2時間+休憩2回20分 保護具に関する知識
15:50~16:50 1時間 関係法令
16:50〜17:10 20分 質疑応答 ・休憩
17:10~18:20 ガイダンス10分・修了試験1時間 ガイダンス・修了試験
18:20~18:40 20分 休憩・採点
18:40~19:10 30分 修了者発表

講習の概要

名称 金属アーク溶接等作業主任者限定技能講習
受講料 受講料16,500円(テキスト代・消費税含む)
講習日程 09:00~19:10
(法定講習(6時間)+修了試験(1時間)含む)
受講資格 満十八歳に満たない方が技能講習を修了されましても、対象の業務に就くことはできません
  • 労働基準法第六十二条第一項の厚生労働省令で定める危険な業務及び同条第二項、年少者労働基準規則第八条により、満十八歳に満たない者を就かせてはならない業務が規定されています。

修了試験

試験時間
1時間
合格基準
受講者が受験した各科目の点数の合計をもって満点とし、合格は、各科目の得点が各科目の配点の40%以上であって、かつ、得点の合計が、 各科目の点数の合計点の60%以上ある場合を合格とします。
追試について
学科試験において不合格であった場合は、当日中に補習講義を受講の上追試験を行います。
追試験に不合格であった場合、新規で講習をお申し込みいただき、受講料の全額をお支払いの上、再度講習の全日程を受講していただく必要があります。

修了証

修了試験合格者には、当日会場にてお渡しいたします。
ただし、お申込みが直前の場合など、後日郵送の場合もあります。

©CERSI All Rights Reserved.